留置中に脳出血で容疑者が突然亡くなるなんてことがあるのか

愛知県警で留置されていた49歳の男の容疑者が突然苦しんで死んだそうです。
突然「もう無理」と言い出してその後か呼吸になり意識がなくなりそのまま搬送されるものの死んだそうです。
ヤフーニュースの記事でこのニュースを読みましたが、コメント欄では容疑者を擁護する声が結構ありました。
ちなみに逮捕された容疑は無免許運転だそうです。
無免許運転、どんな状況だったのかは分からないですが、まだ軽い方の罪だから確かにちょっと可哀想なような気もしなくはありません。
コメント欄では持病があるのを訴えていたとしたら酷い話だなどというコメントも見られました。
死因は脳出血だそうです。
脳出血は若い人でも誰でも突然なる可能性があるから怖いですよね。
この人は無免許運転で逮捕されていただけだったから、いくらでも社会復帰は可能だったと思います。
留置中にこんな最期を迎えることになるのは気の毒だと思います。
ただ運転中にこうなって誰かに危害を加えることがなかったのは良かった気がします。vio脱毛 効果